人生について考える!宗教関係の学部

宗教を学ぶことがどうして重要か


多くの通信制大学では宗教関係のことについて学ぶ学部が設置されています。しかし、現実社会では宗教はなじみが薄くどうして宗教を学ぶ必要があるのか分からない人も多くいます。中には宗教についてカルトのように危険なものであるという誤解から宗教関係の学部すらも警戒心を抱いている人もいます。
通信制大学で宗教を学ぶことは実際に宗教に入って修業することではありません。多くの宗教は人間の生き方や正義などが悩みぬいた結果生まれました。つまり、宗教を学ぶことは人間の人生はいったいどのようなものか、正しいこととはどのようなものかなどを様々な宗教の経典を通じて学ぶことによって自分なりの人生観を確立するために行う事なのです。

具体的にどのような宗教を学ぶのか


では、通信制大学ではどのような宗教を宗教関係の学部で学ぶことができるでしょうか。もともと日本ではキリスト教系と仏教系の学校法人が多いこともあり、通信制大学ではキリスト教や仏教を学ぶことができる学部が多い傾向にあります。これらの宗教は現在の私たちの生活になじみが深いため学びたいと考える人が比較的多いため、学校法人の母体が宗教団体でなくても学ぶことができます。 また、学校法人の母体が仏教とキリスト教以外の宗教を信仰している宗教団体であった場合、必ずと言っていいほど学部が設置されています。このような宗教は他の大学では学べないことが多いので、もしこの宗教を学びたいのであれば学びたい宗教の宗教団体が母体となっている通信制大学があるかどうか情報を集めるといいでしょう。