多くの大学で取得可能!教員免許

教職課程が取得できるコースを選択


学校で教師として仕事をするには教員免許の取得が必要です。教員免許を取得するには所定の学校で必要な科目などを履修したうえで一定の試験に合格しなければいけません。まだ大学に通っていない人、もしくは教職課程のない大学に通学中や卒業をした人なら教職課程が取得できる通信制大学の利用を検討しましょう。まだ大学に通っていないなら学部生として入学して、そちらで教職課程を終えた上で卒業すれば試験を受験できます。一方教職課程のない大学を利用していた人なら大学の卒業要件はすでに満たしているので教職課程を取得すればよいでしょう。教職課程だけであれば学部生にならなくても科目履修生として入学しても問題ありません。こちらの方が短期間で教員免許取得の受験が可能です。

通信教育だけで教員免許が取れるか


社会人で昼間に仕事をしている人、立地の都合で自宅からの通学が難しい人などが大学で学ぶ方法として通信制大学があります。通学制の大学と違って日常的な通学の必要はなく、学習は自分の都合のいい時間に自宅などで行えます。では教員免許を取ろうとする人が取得までに通学の必要が一切ないかとなるとそれは難しいでしょう。まずどの通信制大学でもあるのがスクーリングで、履修科目の認定のために必ず一定日数の通学が必要になります。そして教職課程においては教育実習が必要になりこちらは実際に実習を行う学校に行かなければいけません。4週間程度の期間中は実習に専念しなければいけないので、仕事をしている人は休職などをしないといけないでしょう。